ローテーションという言葉はだいぶ前に否定しておいたが、一般的だという事で使わせていただく。

ミスするショットは打たなきゃいい。これは意外に大事な事であって、特にダブルスでポジションを取るときにはよく考えながらやって欲しいと思う。
その代表例が「下がりながら打つ」という単純明快にミスが増えるプレーだ。

よく言われるし私も言っているのが、「追い込まれたら終わり」ということであって、「追い込まれた時にいいショットが打てない」という質問にはいつも「追い込まれないようにして下さい」と投げ捨てている。追い込まれるので一番多いのはコート後方、バック側だ。ここに追い込まれるパターンで多いのが、

左前ロブ(サイドバイサイド)→相手ストレートクリア→追っかけるも取れない
注:右利きの場合

これがなんで取れないのかといえば、最初の左前のロブから相手のストレートクリアまで時間が短く、ロブ後のサイドバイサイドで戻りきれていないのが多くの原因となる。

ではどうすればこのようなプレーが無くなるかといえば、「追い込まれなければいい」のである。具体例として、

1.最初のロブを打たず、ヘアピンを打って前に入る
2.最初のロブを、クロス側へ持っていく
3.最初のロブを、高く返す
4.フットワークを速くする

1は、ショットそのものを変える方法である。前にヘアピンで落とすのだから、そのまま前に入る。厳しいヘアピンが出せればパートナーにも優しい。
2と3は、サイドバイサイドへの時間を稼ぐ方法である。きっちり戻る時間があれば、バック奥にクリアを打たれても追いかけられるという考え方だ。
4については要練習が必要である。ある意味必須であるが、ある意味達成が一番難しい。

つまり、対処法の多くは、そのショットの処理方法ではなく、その前のショットで片付けなければいけない問題なのだ。

追い込まれたり厳しいコースのシャトルを取る方法を考える場合は、その前のショットの時点でそこへ運ばれないように考えて羽根を出せると、楽にゲームが進められるだろう。