*ダブルスをイメージして記してみた。

もらう、あげる
・サーブをミスする
・サーブレシーブをネットにかける、外へ出す
・クリアを外へ出す
・ロブをネットにかける、外へ出す

つなげる
・ヘアピンを長めに返す
・ハーフスマッシュを打つ
・低いロブを出す
・ドライブを打つ
・ドリブンクリアを打つ
・前でドライブを止める
・カット、ドロップを打つ

逃げる
・ロブを大きく返す
・ハイクリアを打つ

返す
・スマッシュに対してドライブでレシーブする
・スマッシュに対してネット際へ返球する
・ドリブンクリアに対して強くスマッシュで返球する
・ヘアピンに対してプッシュ気味に打つ
・ドライブに対して強打をする
・カット、ドロップに対してプッシュする

決める、やられる
・スマッシュを強打する
・プッシュする



1.つなげる、返すの項目が多い
 決めるやら逃げるに対して、つなげる、返すの項目が多くなっている。考えるのが面倒だったのもあるが、おそらく考えれば考えるほどこの差は開くだろう。つまり、ダブルスではつなぐ、返すという部分が一番重要であり、同レベルの試合では、勝敗はいかにここを制するかにかかってくる。

2.「逃げ」たら「やられる」
 逃げるということと、やられるということは1セットに考える必要がある。これは逃げてはいけないという事ではなく、「逃げた」プレーをしたときに、どれだけ次の「やられる」に対して対応できるかという事だ。自分で「逃げる」を選択した時には、「やられる」のイメージが出来上がってなければ「やられた」時の対処が遅れてしまう。何手でも先をイメージしつつ、「やられた」後に「返す」「つなげる」へのプレーをしていけるようにしなければならない。

3.「あげる」を減らす為に技術を磨く必要はほとんど無い
 「あげる」は、相手関係無しに与えている得点である。つまり、コートで寝ていても入ってしまう得点だ。競れば競るほどこの「無駄な得点」が大きく響くことになる。ラリーポイントでは「あげた得点」は取り返せない。ゲーム中は「あげる」をゼロにする事をまず目標にするべきだ。
 この「あげる」を減らす事は、高度な技術を要することではない。そのプレーでの集中力や、一手先のイメージをどれだけ作れるかにかかってくる。自分のこれから打つシャトルは、どんな高さで、どんなスピードで、相手にどんな体勢で取らせる、これをシャトルを打つ前に考えていければ、この「あげる」は劇的に減るだろう。



ざっと書いてしまっただけに(なのに投稿するのもどうかと思うが)項目の修正点は多くありそうだ。特に、つなぐ、返すのイメージが掴み難いかも知れない。時間と意欲が今週末にかけてあれば、つなぐ(攻め)つなぐ(守り)あたりを増やしたり、「受ける」「かわす」あたりも本当はいれていかなければいけないのだろう。それだけ「つなぐ」ポイントが大切だということがわかってもらえれば、追記はいらないかもしれない(笑)