つい先日の出来事である。
久々にバドミントンのゲームをする機会があり、合計3ゲームほどだが汗をかいてみた。
その時の1プレーがいまでもはっきりと思い出せる程印象深い。といってもプレー自体はただの自分が打ったスマッシュなのだが、

トップアンドバックの後衛

そんなに高くないロブが右側に上がる

飛びついてスマッシュ

ストレート側の相手バック側足元に決まる

たったこれだけのプレーだったが、実はたいして速くは無い私のスマッシュがとても切れがあり、スピードが乗ったショットを打つ事ができた。とてもいい感じで打てて感動に浸っていたわけだが、そのプレーが終わった瞬間頭に浮かんできたのは

「自分の後方からそのスイングを見ている自分の映像」だった。

何を言っているかわからねぇと思うが(ry

漠然とではあるが、カラーで、若干ぼやけてはいるものの、テイクバックからインパクト、フォロースルーをしながら打ったコースにスマッシュが決まる、これを後ろで観戦しているこの感覚はいったいなんだったのだろうか。

ちなみに、この感覚のショットはこの日は二度と打てなかった。もしかすると、生涯で一番のショットがあのときに偶然打てたのかもしれない。ただ、頭の中に映像として何故か残っている以上、それに近づける作業をするのは難しくはないはずだと思いたい。