着用して感じたことを忘れぬうちに書き留めておこうと思う。

まず他メーカー製と大きく違うのは、骨格を治すということ。
例えば背中が曲左側に傾いている時は、左の筋肉が緊張し、右の筋肉がゆるんでいるせいでおこる。このSTBは、着ることにより筋肉を補助し、右の筋肉を助ける事で骨格を正常に戻す。体のバランスがよくなり、プレーにいい影響がでる、というもの。

つまり、後ではなく、練習、準備段階で使用するものであるということだ。


着用当初は若干の疲労感がでる場合がある。私はあった。つまりは崩れたバランスを正し正常に戻す為、もともと使っていなかった筋肉を使っている可能性があるのだ。だから、いきなり大会に合わせて着る、という使い方はお勧めできない。少なくても数週間きっちりと練習、またはそれ以外で使い続けてからの方が安心できる。

慣れ始まってくると、途端に窮屈感が無くなり、とても快適になる。基本的にバドミントン選手はバランスが悪い。利き腕メインで体を動かすわけだから、競技歴が長ければ長いほどその傾向は強い。そういう選手には本当にこのヨネックスのSTBはお勧めできる。

ただ、前述したように、いきなり激しく使用するのは控えた方がいいだろう。慣らし運転しながら(普通の生活で着ながら)徐々に運動し始め、大会では着用しないで済むぐらいの感じで着てみて欲しい。

また感じたことがあればレビューしますが、今のところプレーの感想は、

「体勢が崩れないからえげつないスマッシュが飛んでいく」

事が頻繁に起こり始めている。ちょっと本気でスマッシュで生きていきたくなるかもしれない。