週刊朝日 甲子園特集より

元ヤクルト捕手、古田氏の記事があった。古田氏が甲子園を語る、というものであったが、本人は甲子園とは無縁だったらしい。その記事の中に、


・強い打球を簡単に飛ばす選手は、本当に簡単に打っている

・簡単に打つ「コツ」を知っているから簡単に打てる

・練習とは「コツ」を掴む為にやるものだ


この内容に非常に感銘を受けてしまったたぬ吉である。
よく「いろいろやってみよう」「遊んでみたら?」と選手にアドバイスはしているものの、まだ選手という身である以上、自分の練習でこれをこれだけ意識しては練習してなかったように思う。

どちらかというと今までは、「厳しいコースにスマッシュを打てるようにする為に」「速く移動する為に」「ショットを正確に打つために」という事に時間を割いて反復練習をしてきたが、その反復練習はまったく同じ反復では効果が半減してしまうのかもしれない。

つまりは練習時間はコツ探しの為であって、全ては同じ感覚で体を動かしてはいけない。少しづつ、ちょっとづつ、ちょっと手の小指に力を入れたり、足のかかとに体重を移してみたり、とにかく何かを変えながら、練習時間はそのような「コツ」を探しつづける為にある。得たコツがベストな可能性はほとんどありえず、今よりもいい「コツ」を掴んだとすれば、今度はそれ以上の「コツ」を探していかなければならない。

なんと前向きな練習イメージだろうか。実際にはコツを染み込ませる反復練習も必要にはなってくるだろうが、得たコツはイメージしやすくその練習時間も少なく済むだろう。選手の気持ちとしても、あと1時間練習があると考えるよりも、一球一球「コツ」を探しつづけて練習できれば練習意欲も増すのではないだろうか。小さなコツの積み重ねが、選手の技術を向上させていく、考え方を変えざるを得ない。