ここ二日にわたって他のサイト様情報を載せたわけだが、ここでたぬ吉の考えをようやく載せたいと思う。

テイクバック→ラギングバック→インパクト→フォロースルー

上記が一連のスイングの流れである。強い羽根を打つ場合にはテイクバックが大きくなり、結果フォロースルーも大きくなってしまう。

テイクバック、フォロースルーを小さくする事が基本的には大事な技術だ。

テイクバック、フォロースルーに比べてラギングバック、インパクトは一瞬の間である。インパクトは本当に一瞬だが、ラギングバックはそれに次いで短い時間に行われる動作である。このラギングバックは写真を参照して欲しい。

テイクバックで引いた右肩を一気に前に押し出す。この時に、肘が右肩に比べて後ろにあればあるほど肘に伝わる力は強くなる。肘が前に出た時に手首が後ろにあればあるほど手首に力が伝わる、ラケットヘッドが手首より後ろにあれば、インパクト時に力が伝わる、イメージ的にはこんな感じだ。

この長い文章が、一瞬で行われるのがラギングバック→インパクト部分である。このラギングバックをおろそかにしてしまうと、インパクト部分の力が半減してしまうので、イメージを強く持ってスイングに生かして欲しい。