ほとんど雑記になるわけだが、

「田」

この漢字の書き順は皆さんわかるだろうか。

左縦棒→左上から右下→中央縦棒→真ん中横棒→下横棒

とこう説明する。たぬ吉の場合は、だ。


これで説明が付くのは、最終的な「田」の形を知っている人のみだろう。何も知らない人にこれを説明したところで伝わらない。

目の前にいれば指で指して伝え、実際に書きながら伝える。いろいろな方法で伝える。


それが時々、「真ん中は横、縦、横の順だ」と教える人がいる。正しい書き順ではないが、これでも形にはなっていく。


結果書ければいい、伝わればいい、とするなら間違った書き順でも問題は無いだろう。だが実際は、間違った書き順で書いた複雑な漢字は、字の美しさそのものを崩していく事がある。




知らないまま教える、という事はそういう事だと認識して欲しい。わかりやすく教える、よりもっと大事な、「正しい形を理解した上で教える」ということをしっかりと考えて欲しい。

漢字と違うのは、今正しい形が今後正しい形では無くなる可能性が充分にあるのがバドミントンである。日々の進化についていくように情報を集め理解して、最後に指導ができるようになる。