初心者相手に必死にフェイントをかけても決まらなかった事は無いだろうか。基本的に初心者、初級者にはフェイントはかからない。ではそれがいい事なのか、といえばまったくもって良く無いプレーだ。

フェイントに引っかかる

これが上達の一歩目といっても過言ではない。


0.フェイントにかからない

1.フェイントにひっかかり、足が止まる

2.フェイントにひっかかるが、シャトルを追える

3.フェイントにかからない


この0と3は大きな違いである。0の選手はシャトルにしか反応できない。レベルが上がれば上がるほど、相手のラケット、手首、足、体の向きでコースを判断するようになり、自分の打ったショット、パートナーの打ったショットである程度予測をして動けるようになる。

羽が飛んできてからでは遅いのだ。まずは相手を良く見て早く動き出せるようにならなければならない。特にダブルスではこの動きは必須である。