1年近く前の記事にコメント頂いた。要約すると

「初心者にはイースタングリップから教えるべきだ」

とある。

これがゆらいでいるわけではないが、もっと別のアプローチ方法があるのではないかというのが今現在の私の考えである。

それは、前から散々言っている「ラケットヘッドを動かす」ということであるが、これを最重要ポイントとするかどうか非常に悩んでいるところである。

まさにこれは卵が先か鶏が先かという問題になるが、イースタングリップで握れているということは、オーバーヘッドストローク時に回内を使えていればインパクト後、ラケットヘッドが前にいく。グリップを軸にラケットを回すことができる。

ウエスタングリップでこれを行うと、手首をコックして使うことになり、何度か打たせているとそのまま腕振りの打ち方へ移行し結果としてヘッドは立ったまま腕と一緒にスイングされていく。

危険なのは、ウエスタンで手首をコックして使うことを覚えてしまうことだが、おそらくきっちりと注意しながら行えば、ヘッドを先に動かすことによって自然とイースタングリップを覚えてくれるのではないだろうか。

イースタングリップでヘッドが出ないよりは、ウエスタングリップでもラケットヘッドがインパクト後先にでることを意識させた方が先々いいのではないだろうか、と思う今日この頃である。結論は出ていない。