プレイムービーをのんびり眺めていると、ある事に気がつく。
バックハンドを補って余りある強引なフォアハンドである。このプレーが非常に目に付く。

ここでも散々バックハンドは重要だと言いつづけて来たのだが、実際の世界レベルの試合で、特にダブルスでは、体勢を崩してでもフォアハンドで打ちにいくプレーが目立つのである。

当然バックハンドよりもフォアハンドの方が基本的に強い羽根を打てる。ならばできるだけフォアハンドで打ち込もう、という考え方は日本よりも他の国で一般的になっているらしい。

だが、一番忘れてはならないのは、選手は「バックハンドも打てるけど無理やりフォアで打ち込む」のであって、決して「バックで打てないからフォアで打つ」訳ではないという事を理解して頂きたい。バックハンドは非常に多様性のあるショットである。最終的にはそれに頼りつつ強い羽根を打てる方法を選択するわけだが、このバックハンドがどれだけ打つ事ができるのかが、ゲームの勝敗を間違いなく左右し、状況判断によってバックハンドに頼りきらない技術が重要となる事を勘違いしないでいただきたい。

とにかくバックハンドは覚えきらなければならないショットのひとつである。