オーバーヘッドストロークのラギングバックは前述したように、

腰→肩→肘→手首→ラケット

の順で前に出る。ラケットが最後に来るのでスピードが上がる。

ではバックハンドではどうなるのだろうかと考え出してみた。

結論としては、強いショットを打つ場合は考え方はいっしょだが、その動きは非常に小さい。連動して動いているものの、その、例えば腰の移動距離は非常に短い。だが、強いショットを打つためには必要な行動だ。しっかりと意識して、しっかりとしたラギングバックを起こせるようにする必要がある。

ただ、レシーブ程度のそんなに強いショットでなければラギングバックの連鎖は必要ないかもしれない。それでも、

肘→手首→ラケット

もしくは

手首→ラケット

のラギングバックは必要になるので、これも使い分けが重要になる。