咲先生、お疲れ様でした。

このカテゴリも放置気味でしたが、単行本回顧は気持ちが乗り次第書いていきたいと思います。

こういう場合は期待した方がいいのか、それともゆっくりとお休み下さいの方がいいのかわかりませんが、咲先生を気にしないでいいのなら、次も期待しています。

バドミントン漫画に大きな一歩を踏み出した大作、続くのはいったいどんな漫画が出てくるのか、楽しみです。