このところ月曜日がつらいなぁと思ったら、GETSPORTSをずっと見ている気がする。

昨日は今年からメジャーに挑戦する高橋尚典投手。メジャーで必ずぶち当たるボールの違いを、そんなに苦にしていないという。
もともと挑戦するつもりで調整していた感はあるが、それよりも「指を鍛える」ことによりそれをクリアしているようだ。

・鉄球を使い下へ投げ落とす
・ソフトボールを使い下へ投げ落とす

その他いろいろなボールを使い分けてトレーニングをしているようだ。さらに、少しそのトレーニングが写されていたが、ボールを持たない腕の体への引きつけは最も気を使っていると思われる。

日頃からここでは「ラケットを動かせ」と言い続けているが、その動かす為には指を鍛えることも必要なのではないだろうか。
握力アップは確かに必要という話は前からあったが、明確に「指を鍛える」という言葉は出ていなかったかもしれない(同意かもしれないが)。ラケットを動かすために指をトレーニングしていく、これはしっかりと挑戦してみたい。