このタイミングでの離党にマスコミ各社は
「追い出されるような形」
「もう自民にいられない状態」
とこぞって騒ぎ立てているが、実際はどうなのだろうか?

素人考えだが、今が一番いいタイミングなのではないかと思う。

国民は、まず自民に×を出した。結果民主になったわけだが、ぽっぽは今の支持率を見る限り結局駄目出しされたと言ってもいいだろう。

そうすると、次に国民が求めるのは民主ではなく、自民、、、ではない。自民にはもうすでに「×」を出している。ここで戻る気がある国民はそうそういないだろう。いたとしても利益目的の組織票であって、それは国民の総意にはならないはずだ。

ならば、自民の代わりの民主、そこから次を探して投票するのが無党派層の気持ちではないだろうか。噂によると「みんなの党」が支持率を上げてきているらしい。政権どうこうの規模がある政党ではないかもしれないが、徐々に言いたいことを言っている政党に無党派層が耳を傾けつつあるのかもしれない。つまり、このタイミングでの新党結成は、愛想をついた無党派層を振り向かせる事ができる絶好のタイミングと言えるのではないだろうか。


ただ、一つ気になるというか心にひっかかっているのが、福岡かどこかの薬害被害者だったかはっきり覚えていはいないが、せっかく国から歩み寄ったその会合で、気持ちの悪い笑顔を振りまいて冷ややかな対応をされたマスゾエさん。自民の爺よりははるかに空気が読めるのかもしれないが、それでも一般人に近い立場で振舞うことは、この人にはできないのかもしれない。