今、「バドミントンを始めました」という小学生が、ボールを上手く投げられない子はどれだけいるのだろうか。ちょっと日本語が微妙だが、そのまま進めさせて頂きます。

「ボールが投げられない」
一昔前は「女の子はキャッチボールしたことが無いから教えるのが難しい」なんて話をよく聞いていたものだが、今では本当にボールをしっかり投げられない子が多い。男女関係無く多くなってきている。これはバドミントンに限らず、投球動作というものはとにかく重要でほとんどのスポーツに関わってくるのではないかと思う。

そこで、短い練習時間にさらに基礎能力ということで投げる動作や走る事をやっていかなければならないのだが、果たしてここでいわゆるシャトル投げは有効な練習方法となり得るのだろうか。

メリットとして考えられるのは、まずシャトルがボールに比べて非常に軽い点である。選手の肘や肩に負担がかかりにくく、しっかりと投げる動作を確認して教え込ませられることができる。トレーニングとしても軽負荷で、ジュニア世代にはいい動作になるだろう。さらに、シャトルが飛ばない為コート端でできることもメリットの一つだ。場所がかからずにフォームを確認できるのはいいことだと思う。

ただ今回は、デメリットに注目してみたい。
いわゆるシャトル投げとラケットのスイングで大きく違うのは、回内をうまく使えるかどうかである。
回内の動作はボール等の小さいものでは非常にわかりにくい。長い棒状のもので始めて回内動作というものがわかる。その動作がわからなければスイングの練習にはなりにくいのではないだろうか。「手首をしっかり使って」と教えれば、おそらくほとんどは手首をコックして使ってしまうだろうし、グリップの確認もできない。

デメリットの部分もしっかりと把握した上で、効率のいい練習を目指して欲しい。