前もって、私は民主党信者でもなんでも無い事を記しておく。


ぽっぽが終わって菅氏が総理大臣になった。新内閣には一番心配だった赤松も無事切られて、どうなっていくのかなぁと見ていると、、、

野党は口を揃えて「選挙の為の内閣だ」と言う。

お前ら、いいところは全く見えないのか?それとも、「選挙の為に」与党を叩く事しかできないのか?

学校で学級委員長の悪いところばっかりを指摘していたら、先生怒るんじゃないの?否定ばっかりしたって、他の子にも白い目で見られるし、いいことがあるとは思えない。

例えば私のように「赤松氏の自体は評価できる」とか「レンホウ氏は経験は浅いかもしれないが、楽しみな部分もある」とか、いいところを見つけて評価してもいいのではないだろうか。もちろん野党が、である。

そういう態度を有権者は見て、「お?客観的に政治を見ている党なんだな」という評価は決して無党派層には悪い印象にはうつらないし、民主党に何かがあれば、じゃああの党に入れてみるか、という若者は必ず出てくると思う。


ただ民主党も民主党である。クリーンを売りにしながらでてきた新井氏の問題。私としては、即刻切るか、もしくは「過去にそういう事をしていました。大変申し訳ございません。今はまったく問題なく、その汚点も含めて力を尽くしたいと思います。」ぐらいの余裕が欲しいと思う。相手の悪いところばっかりを突っつくだけで、自分の悪いところは隠そうとして、そんな大人に子供が魅力を感じるわけがない。

魅力ある大人が日本を動かすからこそ、そこに惹かれる若者や子供の未来が明るくなるのではないか。今のままでは延々とマイナス志向にしかならないように思う。