某テレビの映画宣伝でやっていましたが、

審判と選手は対等、選手はそういう機材をつかわないのだから、審判もハイテク機器は使わない。誤審も含めての試合だ。

ごもっともです。どうやらサッカーのレフェーリーにスポットをあてた映画があるらしいので興味のある方はご鑑賞下さい。


確かアメフトは、監督がビデオ判定を求め、それが誤審だった場合は訂正、もし監督の勘違いだったらペナルティだかなんだか、という面白いルールでした。細かく時計を止めるアメフトならではのルールですね。


サッカーのような時計を止めないルールのスポーツでは、このビデオ判定は非常に難しい問題だと思います。確認作業にできるだけ時間をかけたくないのは、選手も観客も同意見、でも誤審は訂正したい。

審判を増やすというのはどうでしょう?副審一人で判断できないなら、もっと広く負担を減らす為に副審を二人置いて、通常は両方、片方が上げたらオフサイド、ゴールの場合も片方がゴールじゃないと判断すればノーゴール、そうすれば、今回の誤審は少しは減るのではないかと。イヤホン着けているんだし、シミュレーションだって片方がそうだといえばシミュレーションだろうし、両サイドから見ればそういう誤審も防げそうな。
ついでに、多角度から見るという意味でゴール後ろにも副審を付け、あまりに怪しい判定の場合は副審どうしで話をするとか。ビデオで止めるよりはそっちの方がスピーディーでいいような気がしますが。

バドミントンは時間の競技ではないのでそのような心配は無さそうですが、ラインジャッジはミスがつきものの競技。ビデオ判定はサッカーよりも必要ではないでしょうか。
アメフト方式で、選手が異論を唱えた場合はビデオ判定。もしそれがジャッジどおりだった場合は、今後のビデオ判定要請は認められないとか。

ルールや審判の問題も、議論されてもいいような気がします。