スマッシュからドロップまでのショットスピードを自由に使うのと同じように、

ヘアピンからハーフショット

の角度も同じように自由に使い分けたい。頭の固定観念を捨てて、ヘアピン、ちょっと長めのヘアピン、長めのヘアピン、ハーフショット、ドライブ、低いロブ、高いロブ、というように、様々なショットに移行できるようにしていかなければならない。

ヘアピンの体勢で入ってから、上記のようなショットの使い分けができればもっと的を外す事ができてくる。ヘアピンのような、ネット下からのショットで的を絞らせないのは非常に有効な手段である。

考え方を変えれば、もっといろんなショットが生まれるはずだ。