ヘアピンは、できるだけ高い位置で。

基本ですね。


では小学生低学年がそれをやるとどうなるか。

肘は高く上げ、頭の上で打つショットになってしまいます。



高学年ぐらいなら、ある程度の身長もついてくるので問題ありませんが、低学年にはできるだけ高い位置と教えてしまわないほうがいいかもしれません。

目線、ぐらいがいいのか、もしくは正面と教えるべきか、難しいところではありますが、打ち上げヘアピンもしっかりと修正しなければいけません。打点が下がるとヘアピンを打ち上げるように打ってしまいやすくなりますが、そこをしっかりと調整する必要があるでしょう。

身長が低いうちは、使えるヘアピンよりも将来の土台作りを意識して教え込まなければならないでしょう。