コツを教えるのは非常に難しい。
個人によって筋肉や神経の感じ方が違うからだ。

一人の選手に対して有効なアドバイスができても、その同じアドバイスが果たしてどれだけの選手に有効となるか、万人受けするアドバイスは無いといってもいいだろう。

同じようなミスの修正も同じようにいかない。ふとしたきっかけで、アドバイスと関係ないようなところでそれが治る事もある。

悲しくなってもしょうがないが、それでも「もっと早く気がついていれば」「このアドバイスを最初からしていれば」と後悔だけが残る。

指導者としての後悔はそのまま経験になるが、選手にとってはいいものとは言えないかもしれない。

葛藤しながらも、一歩一歩すすまなければ。