ロブ、クリアで相手をトップアンドバックにした後、相手のドロップやスマッシュを前衛の位置でレシーブ、プッシュするタイミングを考えてみた。

ロブ、クリア後は当然相手はトップアンドバックになり、自陣はサイドバイサイドになる。この体勢でレシーブするのがセオリーである。

これが大前提。

だが、相手がドロップを打って来る事が事前にわかれば、わざわざサイドバイサイドでレシーブする必要は無い。この「事前にわかる」という事がこの突っ込みのポイントである。どうすれば事前にわかることができるのか。それは相手のフォームが一番簡単である。

ゲームが進めば、相手がスマッシュを打ちドロップも打つだろう。このフォームをきっちりと記憶すれば、ドロップの瞬間を感じ取ることが可能になるのだ。おそらく、まったく同じフォームで打てる選手はそういない。少なくとも、打つ瞬間には必ずスイングスピードの変化もある。それをきっちりと嗅ぎ分ける事がこのプレーのポイントである。

スマッシュレシーブに関してもほぼ同様であるが、次回にでも。