私は相撲が大嫌いである。

ふとましい体と偉そうな態度、そして近年まれにみる不祥事の嵐は国技とされる事が気に障る。


昨日のニュースである。
「白鵬が負けた」
「連勝ストップ」
土を付けたのは前頭筆頭、稀勢の里。

素晴らしい取り組みだった。
「休まなかった」というコメントの通り、攻め続ける稀勢の里。
一息入れたい白鵬をそうはさせじと常に手足を動かし続けた。

一瞬でも動きを止めたらやられていたかもしれない。
「あれ?あれ?」そうコメントした稀勢の里は、勝利してなおも攻め続けていた
のだろう。

「これが負けか」のコメントが示すとおり、白鵬は負けを忘れていた。勝ちを
意識した。決して気を抜いたわけではない。そんな力士がここまで勝ちを伸ばせる
わけはないからだ。だが、この連勝の中に「勝ち」を見てしまった。望んでしまっ
た。稀勢の里はその隙を突いた・・・・・訳ではない。攻めた結果勝ちが付いた
だけで、そこに勝ちは見えていなかったのではないだろうか。見えていなかった
こその、勝ちである。

結局はバドミントンも同じである。そんな精神状態の時がある。コントロール
しなければならない時もある。考えさせられる取り組みだった。



最後に、私は相撲が大嫌いである。