練習風景を撮影し、のんびり目に眺めるつもりがディスカッションになってしまった。何を言っているかわからねぇとはおも(ry


小ねたはさておき、今回はフォア側サイドショット、ネット前プッシュについて重点的にやった練習風景を解析してみた。ショットが速い選手と遅い選手がいるわけだが、スピードよりも、シャトルに体重を乗せる事ができない選手がいた。

原因をビデオで探してみたが、段々必死に討論となってしまったわけで、出た結論は軸の突っ込みである。

右利きの選手で話を進めます。

右側のサイドショットを打つ場合に、右足を出してスイング、これは基本であるが、このスイング時に背骨がまっすぐ、もしくは少しシャトルの方へ傾斜しなければ強いショットは打てない。体重が乗っていないと思われた選手は、見事にショットの瞬間に背骨が左へ傾斜していた。

ではなぜ右へ傾斜させることができないのか、それは筋力であり、股関節の可動範囲の問題であると考えられる。

右足を踏み出して打つ場合は体重が勢いによって力を増してかかる為、相当の力を支えなければならない。つまりその支える力が無ければ右足に体重を乗せきる事ができず、その分左に傾斜させて体重を分散させている。つまり体重が右足にのらないのだ。

もう一つは股関節可動域の可能性も考えられる。右足をサイドに踏み込む際、体に対して横へ踏み出す。この時股関節の可動域が狭ければ右足はきっちりとサイドへは踏み出せない。ずれる分負荷もずれる。負荷がずれれば倒れてしまうので倒れないように左側に傾斜してしまう。

結論としては、今月のバドマガ、小平ジュニアの練習内容にもあったように、筋力と股関節の可動を広げる練習は非常に効果的だ、と考えさせられるビデオ内容になっていた。

時間があれば、今後もビデオ反省は続けてみたい。