前々からトレーニングの話題はしてきました。どのようなトレーニングをしたらいいか、何の為に、どの部位を。

筋力があれば、無理な動きにも筋力で対応できます。練習では良くても、試合では普段以上に動いてしまうもの。そんな時の為に日頃から無理のかかる場所をトレーニングで鍛えておく必要があるのです。


なんでいきなりこんな話をしたかといえば、膝やってしまいました。膝が曲がりません。あんまり笑い事ですまないぐらいの痛みがあり、ちょっと泣きそうです、いろんな意味で。

普段から少しづつでもスクワットをやってみたり、そんな少しづつの心がけが故障からバドミントンライフを守ってくれます。保険のようなものかもしれません。


さてさて、この痛みがいつ治まるのか、のんびりと故障と向き合いたいと思います。