以前から散々言っている言葉、

「腕を振るんじゃない、ラケットを動かすんだ」

この言葉に間違いは無いはずだと思っていましたが、よくよく考えてみるとこれは結果であって過程ではありませんでした。

つまり、ラケットを動かす為の方法がうたわれていない、これは指導者としては失格。その事に気がつかせてくれたのは、やはり選手なわけでして。

このラケットを動かす為に、全身運動をして、最後の動きがラケットヘッドとなれば、これがほぼベストのスイングではないかと思います。今のところ。この全身運動は、テイクバック前の予備動作から始まりインパクトの瞬間にどれだけ力を入れられるか。

ラケットを動かす事だけ考えてしまうと、この予備動作が抜ける可能性があります。ラケットを動かす為に床を蹴り、テイクバックをして前方へ体重を乗せる必要があります。これをいかに効率良く行えるかがとても重要で、この感覚を簡単につかめる選手はやはりセンスがいいといえます。逆に大振りが治らなかったり、当てに行ってしまう選手にはしっかりとそれを教えていけば良いでしょう。選手によって練習方法を変える必要があります。

この練習方法としては、とりあえず考えられるのは意識した素振りです。足を動かしてインパクト瞬間にスイングを集中させる、これを繰り返させます。他にはボール投げであったり、昔テレビで放映されていたのは、新聞紙を棒状に丸めたものを遠くへ投げるというものでした。そういった形で、全身運動からのインパクト瞬間を意識させなければなりません。

しっかりとした全身運動を、そして最終的にはラケットの動きを、これらを考えての基礎練習を繰り返すと、私のイメージしたスイングになってくれるかもしれません。