田児式スーパーバドミントンで掲載されている最新式クロスヘアピンを実戦投入してみました。

普通のクロスヘアピンでは、打つ感覚になるのでどうしてもサイドアウトし易いデメリットがあり、「浮かせない」「サイドアウトさせない」の二つがポイントとなります。

ですが、田児式のクロスヘアピンでは逆に「飛ばす」「ネットを超える」事がポイントです。擦りあげる為思ったようにシャトルが飛ばず、実際やってみてもサイドアウトは0、その分距離が出ずに取られてしまう事も。

ただ、確かに落ちるスピードは速いので、一歩出足を止めればエースを取れる事もありました。ただ、速く落ちるのを生かす為にはきっちりサイドにコントロールしなければならないかもしれません。

ダブルスで、と限定するのであれば、決めるクロスではなく追い込むクロスという点で使い道がありそうです。多少サイドに行かなくても、速く落ちてくれればそれで充分。浮かさないことは大前提にはなりますが。

シングルスで考えるならやはりサイドへのコントロールが必須です。当てる角度とスイング方向で飛距離は調整できそうなので、フェイントがかかる最低限の角度を維持しつつサイドへコントロールしていきましょう。

床付近の低い打点からこの打ち方でクロスへ出せたら非常に面白いと思うのですが。もちろんネタ的に。しばらくネタに困ることは無さそうです。