ドライブやスマッシュレシーブでカットを使うというだけな話。

バドミントンの醍醐味でもあるノーバウンドの早いリズムがドライブの応酬だ。この早い展開の中でカットを使えたら?考えただけでわくわくする。

今まで考えなかったわけではないし、何度もやってみている。だが、意外と実戦では使えていない。実際ミスは増えてしまうから確実に速いショットを打つのがセオリーだ。

ただ、そろそろ本気で実装してみようかな、と思わせてくれたのが田児式っ本のカットクロスヘアピンだった。あのような考え方、好きだ。もっといろいろできるのではないか、もっと遣り残していることがあるのではないか。バドミントンを考えていくのに、単に精度を上げるのではなくもっと違う何かができるのではないか。

胸、高鳴る。