カットスマッシュ、カットなのかスマッシュなのかという問題はさておいて、今回はスマッシュよりのカットスマッシュについて考えてみたい。

シングルスではやや落ち気味に切れ込むように手前に落ちる。主にサイドラインめがけて使う場合が多いだろう。

ダブルスでは、手元を狂わせるのに非常に効果が高い。スイング方向と若干飛行ポイントがずれるので、相手のレシーブの軌道を一瞬でもずらす、遅らせることができれば、そのカットスマッシュは成功である。
その為には、シングルス的な切れ込むカットスマッシュではなく、角度は浅めに、スピードをギリギリまで殺さないように打ち込むカットスマッシュが非常に有効となるのではないだろうか。

エースショットではなく、ちょっとずらすことができれば、その後は二球目で勝負することができる。前衛の仕事を作るようなイメージで打ち込めば良いだろう。

シングルスは切れを重視して、ダブルスはスピードを重視してカットスマッシュを打ち込んでみよう。