たぬ吉は直接被災したわけではありません。

けど、、、



この1週間は本当に長く感じました。
こんなに長い1週間を過ごしたのは初めてかもしれません。

阪神淡路大震災の時も、関西圏の方は感じたのかもしれません。その時は間違いなくたぬ吉はもっと短い1週間を過ごしていたはず。

おそらく、直接被災された方には、この1週間が何倍にも何十倍にも長く感じている事だと思います。



財力も時間も無い私にできることといえば、気持ちだけの募金と、できるだけ普通の生活をして節電を心がける事ぐらいかもしれません。でも、それをやるのとやらないのとでは、、、、、少しは変わってくるのではないかと。

自分で考えて自分で行動する。その結果が良い方向に向かう。これってバドミントンの練習と同じです。選手は、今練習できない時だからこそ受身にならず、自分でいろいろと考えてみて下さい。何かできるはずです。何でもいいのですから。