-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----




ダブルス前衛の基本的な行動は三つ。

・上げる
ロブを上げる。前衛からは下がらなければならず、パートナーに前に入るチャンスを与えてしまう。意地でも前に入るならこの行動は避けるべきだが、勝つためには必要な手段でもある。

・ヘアピン等
ヘアピン等の柔らかい羽根を返球する。相手にはプッシュやドライブを打たれない位置に返せれば、相手の選択肢はロブかヘアピンになる。前衛はこのヘアピンに迅速に対応し勝負しなければならない。
きっちりと柔らかい羽根を返すと、後衛殺しのオールスマッシュになる可能性もあり、元気なパートナーと組むならそれもあり。

・ドライブ等
速いドライブで返すと、次の羽根は速いドライブであることが多い。打った瞬間というよりは、打つ前から次の相手のドライブに待つイメージを作る事が大事。パートナーには任せられない、前衛で勝負して決めに行くという意思表示なのがドライブ勝負。相手に角度のあるショットを打たせないように、羽根を持ってタイミングをずらしたり、少しゆるく打って相手にネットの少しでも下で触らせることが重要。前衛の醍醐味はこのプレー。



この三つを効果的に組み合わせていくのが前衛のお仕事。単調になっては相手にも対応されやすくなるが、パートナーを潰すならきっちりヘアピン、パートナーが役に立たないならドライブ、前衛が嫌いならロブ、といった極端な選択肢を取ることができるのも前衛だからこそ。

いろんなパターンを試してみよう。



-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----