-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----



レディースの選手と以前、1対1で練習しました。

その方はいわゆる一番下のクラスで勝ちきれない人。つまりはレベルは低いはず。なのですが、はっきりいって動きやショット、その他劣っているとは全然思えません。むしろ何故勝てないかが不思議でしょうがないレベル。



練習が終わっていろいろ考えてみたのですが、ひょっとすると、考えすぎなのかもしれません。


というのも、レディースの選手でよくあるのは、やり方から入ってしまうこと。ジュニアからはやり方ではなく、羽根を強く打つ方法だったり、数多く相手に返す方法をなんとなく遊びながら身体が勝手に覚えていきます。しかし、レディースでは「こう動くべきだ」「こう打たなければならない」という方法がまず大前提にあり、それに合わせて体を動かさなければならない場合が非常に多いのです。


つまり、これだけ動ける選手でも頭で体を制限してしまっているのではないかと。



これは非常にもったいないことでもあります。せっかく動けるのに考えすぎて次が逆に考えられなくなる。もっとシンプルに考えれば良いのです。動けるなら動けば良い。動く場所は羽根が来るところ。そう動く事ができれば、もっと結果がついてくるように思うのです。


もったいない。せっかくここまでできるのに。基本的な考え方は後で記すとして、もっと羽根に対して直感を大事に動いたほうが、セオリーどおりよりもよっぽど楽しいバドミントンになるはず。もっと適当に、無責任にダブルスを楽しんでみてはどうでしょうか。悩む前に動く、これもバドミントンです。



-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----