-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----



昨日は、もっと好き勝手に動いてみたら、という記事を書いてみましたが、結局のところはその好き勝手がわからないという話になります。どこへいたらいいのか。

それは、次の相手の返球を打ち返すための場所にいればいいのです。これがレディースだろうがなんだろうが一番の重要ポイント。ラリー中にこの場所をみつけることがダブルスを楽しむ一番のポイントです。


もう一つ付け加えるならば、パートナーが羽根を打ったならば、次の返球は自分でどこへ飛んでも返すつもりでいるとうまくいくはずです。つまりは、返球に対して動かなければならないのです。「私はここにいるんだからあなたの羽でしょ」というやりとりはもう置いといて構いません。羽根を打ちにいけるのは、羽根を打っていない人だけなのです。だから、羽根を打っていない人が、次に羽根のくる場所へ移動できれば、それが一番いいポジション取りの方法になるのです。

羽根を打った選手は、打っていない選手が動き始めてから、羽根打って動き始めることになります。ですので、パートナーを見ながら打ち、そして次の場所へパートナーを見ながら動き始める事が可能です。


結局のところ、一番のポイントは、打っていない人がいかにうまくポジションを変えられるかにかかっています。ここでももっと好き勝手に動いてみると、徐々に動き方がわかるかもしれません。動かないうちはいつまでも動くポジションはわからないでしょう。

もっと自由に動いてみると、良い結果がでるかもしれません。





-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----