-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----



前衛に入ったときは、決められるならプッシュで決めてしまうのがベストです。むしろ、それを狙うことが前衛の仕事の一つ。ただ、相手もそう簡単には決めさせてくれません。プッシュにはいけない。強く押したらエンドへ抜けてしまうしヘアピンをするにはネットから遠い。こういうシャトルの処理が難しいポイントです。

ここでしっかりと我慢して、次の為の一球を打てるかどうかがそのラリーのポイントです。その羽で勝負ができないなら次の布石のショットにする、そういった組み立てがポイントに繋がります。

具体的にというと難しいのですが、

・ボディを狙う
・選手の間(センター)に送る
・ディセプションをかけてドライブを打つ

これらで相手を崩しながら、尚且つ次の羽の為に体勢を瞬時に整えます。むしろこの体勢作りの方が大事かもしれません。相手を崩しながら自分の体勢を整える、こういったプレーを心がけると、相手にとっては打ちにくいと感じてくれるでしょう。

身体を突っ込んでプッシュを打ちに行くプレーもありますが、できるならこれはエースを取れると確信した時の方がいいかもしれません。次のリターンを考えるなら突っ込まずに遅れてでも羽根の勢いではなくコースで崩す事が重要になるポイントがあるでしょう。体に余裕を残しながら相手を崩す事ができれば、最後は突っ込んだプッシュで決めるところまで持っていけるのではないかと思います。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----