-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----





ダブルスの前衛での質問で多いのが、

「シャトルがどこに来るのかわからないから触れない」

というものである。



はっきりいって、、、、愚問だ。

シャトルがどこにくるかわからないのは、シャトルが飛んでから追っかけているからであって、それでは物理的に間に合わない。つまり「こっちに飛んできた」と思ってからでは絶対に動けない。もっと早いタイミングで構える必要がある。

どのタイミングで構えればいいかはケースバイケースになってしまうが、実は私の質問に対する回答も、この質問がケースバイケースが多い。


・パートナーが打ったコースで構える
・相手のラケットを見て構える
・相手の肩を見て構える

だいたいこの3点を確認しながら前衛の準備をしている。だいたいであって、絶対ではないが、ここにシャトルの方向で準備するという項目は無い。あくまで準備であって、シャトルを見て動き出すのは準備ではない。シャトルが飛んでくる前には、準備は完全に終わっていなければならないと私は考える。

ではフェイントをかけられてコースを変えられた場合はどうするのか。その時はあきらめれば良い。本当にあきらめてもいいと思う。あきらめるというのは見逃すということではなく、あきらめてシャトルを見ておっかけるのだ。このプレーは前衛での準備外の行動となり、準備は無駄になる。そういう意味での「あきらめ」になる。


準備は早ければ早いほどいい、というものでもない。相手に逆をつかれる可能性がでてくるからだ。だが、最初は逆をつかれても気にしないぐらい「早く構える」事から始めてもいいと思う。とにかく早く構えることによって、今まで反応できなかったシャトルに対して動くことが必ずできるようになる。逆をつかれるということは、読みが間違っているということを置いておけば、それだけ準備が早くできている事の証拠にもなる。

前衛では準備をとにかく早く終わらせる事、これを頭のどこかに置いといて欲しい。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----