-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----




前回のタイトル:
【ダブルス前衛論】いつ構えるべきなのか

今回のタイトル:
【ダブルス前衛論】いつ構えられるのか


前回は、いつまでに構えなければいけないのかという論点だったが、今回はいつ構えられるのか。
どういうことかというと、前述したタイミングよりも、もっと早く構えることができるか、構えて良いのか、という視点に沿ってすすめたい。

前回最後に、引っかかっても早く構えられている証拠だからいい、と書いたが、結果的には逆をつかれるとラリーが厳しくなる場合が多い。バドミントンはラリーに勝たなければならないのだから、このまま相手にチャンスを与えてしまっては早く構える意味が薄くなってしまうかもしれない。
ただ、ラリーも優位に、逆もつかれにくく、さらに「いつ構えるべきなのか」よりももっと早く構えることができるとしたら・・・。



これができるのは、「自分で羽根を打った時」である。


自分で羽根を打つということは、打つコース、スピードが全て自分の中で完結しているわけだから、打った瞬間から羽根の行くコースがわかる。ということは、相手の返球も非常に読みやすく、打った瞬間から次の準備の為に動き出すことが可能である。シャトルを見て、相手の動きを確認してではなく、羽根を出す瞬間に相手の動きと返球コースを予測できるコースに羽根を出す。その瞬間次の準備をすすめることができる。タイミングはより早くなる。自分で責任持って羽根をだしているので逆もつかれにくい。

より早いタイミングで構えることが可能である。






-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----












ん?本当にそれで済むと思っているの???

違う、それじゃまだ足りない。


自分が羽根を出すということは、そのシャトルに対して打ちに行っているということ。打ちに行っているということは、その返球がわかっているということであって、その羽根にたいしては相手が打つ瞬間から動き出しているということになる。

ならば、自分が打った瞬間から次の準備を開始するのではなく、相手が羽根を打った瞬間から、自分の2球目の返球を予測して準備することは、不可能ではない!
何が言いたいのかというと、自分が打つ次の羽根の為に、体勢を整えながら次の羽を捕らえるために準備して打つ事をやっていかなければ、ダブルスでの早い展開には間に合わない事もでてくるのだ。



これを突き詰めていくと、よく上級者の言う「2手3手先を考えて打つ」という事に繋がってくる。次の、その次の羽根を打つために今この羽根を追いかけていて、この羽根をイメージ通りに出す事ができれば、2球目がここ、その返球(3球目)がここにくるから、1球目打った後にここにラケットを出しておける準備をしやすいように1球目を打って・・・・・・

これがダブルス前衛のたぬ吉の考え方だ。おそらくさらに上のレベルではもっと深い読み合いが繰り広げられているのだろうが、たぬ吉ではこれが限界。

さらに、今自分が打ったシャトルと言ったが、ダブルスとしての意思疎通ができているペアならパートナーが打つはずのシャトルでこの動作ができるようになるはずだ。こいつはここにこんな感じのシャトルを出すから次はここに準備しておいて、、、これが、ペアで長く組むメリットでもあるだろう。



長くなったが、たぬ吉は読みが外れても全然構わないと思う。むしろ3球目4球目まで間違いなく読めるという方が凄い事でもあると思う。相手も読みを外そうとしているのだから思い通りにならなくて当然である。だからといって読みやヤマを張る事を止めてしまうのは間違いだ。ダブルスは読みが外れてもラリーにはなる。パートナーは後ろでフォローしてくれる。だからこその無謀な動き、次の球へのヤマ張りをしても問題が無くなる。ラリーの度にくじを引き続ければいずれは当たる。

そしてその内、その当たりくじが見えるようになる時が来るだろう。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----