-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----




以前から言い続けているが、たぬ吉はジュニア選手にクリアを遠くまで飛ばせ、という指導はしていない。後方からならストレートとクロスカットで逃げれば良い、その程度に考えている。

だが、それでもクリアを飛ばしたい。やはり試合で勝たなければモチベーションにも関わってくるから、戦術としてのクリアは必要だ。


それでも、単に「もっと遠くへ飛ばせ」という言葉はかけたくないと思っている。遠くへ飛ばそうとすればするほど力みが生じる。力みは大振りを生み、インパクトから外れる。コントロールも効かない。



できるなら、この言葉を使わずに「気が付いたら羽根が飛んでいた」という状況を作りたい。小さい体で力みを生まず、羽根を効率よく飛ばす。その為には体の回転を使って打つ事が必要だ。よくあるのは足の入れ替え。足を入れ替えながらラケットを振る。このスイングは小さければ小さいほどいい。なぜなら、大きいとそのショットの使い道がゲームでは少なくなってしまうからだ。小さいスイングはいろいろな場面で有効なスイングになる。

ここで間違って欲しくないのは、利き腕側の足を出す事が大事ではないということである。腰の回転、体幹を意識しての回転だから、これを右足を出すことと勘違いしてはいけない。最終的には足を出さなくてもこの回転はできるし、あくまで予備動作して足が出てしまうだけのことだ。

腕を伸ばして飛ばそうとするのではなく、落ちてくる羽根をしっかりまって体を回転させて打つ、そうすれば、小さな体でもそれなりの飛距離はでるはずだ。今は、そのそれなりの距離で満足してあげて欲しい。


-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----