2011年 バドミントン日本ランキングサーキットライブ中継



垰畑 亮太 / 浅原 さゆり(日本ユニシス)
2-1
小松 佑也 / 新玉 美郷(NTT東日本)

1ゲーム目
新玉選手の回転の早い前衛に目が行くも、インターバル後はその形を作らせてもらえない。下がった時の手数が若干少ないのか、もしくは峠畑選手の攻撃が多彩なのか、後半は良い形を作らせてもらえずユニシスペアが選手。

2ゲーム目
1ゲーム目と展開は変わらないが、ユニシスペアにミスが目立ち始める。NTTペアもそこから攻め手を作り出し、最後NTTペアが抜け出した。

3ゲーム目
1ゲーム目後半の良い形で終始攻め続けたユニシスペア。受けに回ったNTTペアはラリーを作れなかった。峠畑選手の長身からの攻撃が厳しく、浅原選手もフロントに専念する場面が増えた。