思いつきで申し訳ない。


ナイフとフォークで肉を切る時のようにかまえてみる、というのはどうだろうか。
注意して欲しいのは、手のひらの向き。これが上を向いていると肘が内側に入り体の回転が使えない。

手のひらを下に向けることにより自然に脇が開き、体の回転が使いやすくなる。

この状態でシャトルを待つことにより横にも広く守れて、オーバーヘッドストロークも体の回転で打ちやすいように肘が動いてくれるのではないだろうか。



選手にかける一つの「言葉」として、意見頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ