体を内側に力を込めるようにイメージすると、バドミントンにとっていいのではないかと。

脇を締めると親指が外へ向いてしまう。脇を開けると親指が内側へ。

同様に、下半身も膝が外へ向かないように若干締める。そうすると、足の親指が内側へ向くようになる。


バドミントンは、体を閉じた状態から、一瞬開き、その反動でまた閉じる(インパクト)を繰り返すスポーツなのかもしれない。これは下半身にも言えることである。

一つの方法と思ってみてもらえるとありがたいです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ