にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


「前衛で何をしたらいいのかわからない」 に、答えます。

どこに飛んでくるのかわからないのは前の記事で確認して頂いて(他の方法については別途)、今回は高さを合わせる方法です。

これ

相手の攻めたリターンについては、ネットの極近い高さを通過してこちらエンドへ入ってくる。つまりは、相手からの一番低いリターンの高さは、相手の打点とネットの高さを接点とする直線になる。これに相手の技量と失速しての落下を計算して、とまでは言わないが、だいたいは打点とネット高さを通過する線上にラケットを置いておけば高さは問題ないということになる。

これは、相手がパートナーのアタックやドライブを攻めてきたと仮定しているものであり、大きなロブのような逃げるショットには当てはまらない。当てはまらないが、大きなショットは時間がかかる為、カバーするにしてもパートナーに任せるにしても、どの位置にラケットを置いておいても問題は無いだろう。

よく、前衛に入ったらラケットを上げて!というアドバイスを聞くが、間違いでも有り正解でもあるのはこういう理由の為である。パートナーのスマッシュがドライブ気味なのにラケットを上げて待っていては簡単に頭付近を抜かれてしまう。ポジションによっては、下がり気味の時は大きく上げても問題無いし、逆にネットに張り付いている場合は、ネットの高さに合わせて準備しておいたほうがいいだろう。

「ラケットを上げて!」は「早く構えろ!」に置き換えたほうが良い結果がでるはずだ。何度も書いていることだが、準備は早くして損することは無い。とにかく早く準備してしまえることが望ましい。

高さにラケットを合わせられるようになれば、後は右左だけの問題。いろいろな情報を仕入れて右左を判断してみよう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ