にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


以前のナイフとフォークについて追加する。

お肉を切る時に若干脇が空く感じ。これを強くイメージして欲しい。ここで力が入っていると肘が外へ向きすぎてしまう。利き腕は若干力が入り(ナイフ)逆の腕はそれを押さえるのみ。

利き腕に力が入りすぎると隣の人に肘が当たってしまいマナーが悪い。それぐらいの力の入り具合が丁度良いのかもしれない。

そして両手とも肉を押さえると手のひらは下を向く。これが、肩関節スイングからの脱却に繋がるかもしれない。体幹のねじれで打つようにする為にはなんとか腕振りを止めなければならない。

腕に力が少しだけ入っているということは、椅子に座ってない以上足も力を入れていなければならなくなる。これも力を入れていては不恰好。ソフトに、、、ふんばる。

脱力ではないが、力みではない。そんな状態で構えられると一歩目がきっと早くなってくれる。ナイフとフォーク、リアクションはなんだかとても少ないが、たぬ吉的には久々に良いネタだと思っている。勘違いかもしれないが。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ