にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


前回は「わからなければストレートを張る」という記事を書いたが、何故か今回はクロスを張ってみたい。

まず、何故ストレートを張るかと言えば、それはストレートに返球しやすいからだ。あくまで経験上ではあるがストレートにドライブを抜こうとする確率は相当高いはずだ。

仮にクロスへ打たれたら?

んなもんパートナーに任せておけば良い。抜かれたものはあきらめる。無責任な前衛こそがたぬ吉の考える前衛。異論は認めます。



では何故クロスを張るのか。それは、クロスの方がタイミングが早いからだ。

サイドへのスマッシュをレシーブする体勢を想像して頂ければわかるように、ストレートに返球する場合とクロスに返球する場合では、クロスへの返球の方が打点が前になる。クロスに打つには面をクロス方向に向けなければならず、その為にはストレートよりも早く振り出す必要がある。

なので、ストレートを張っていると、タイミングの早いクロスに反応できず簡単に抜かれる事になる。

だからといって、クロスを張っているとストレートの返球に遅れる事になるし、そもそもストレートの方が返球多いのに抜かれてしまっては意味が無い。


ここでたぬ吉は一つの考え方を提案したい。


「ストレートの返球を100%にする為にクロスで待つ」

基本はストレートを抜かれないようにしたいが、最初からストレートに待っていてはクロスを抜かれる。
クロスを張らなければならないが遅れないようにしたい。
これを含め、クロスに張る理由はストレートを抑える為と考える。クロスの可能性が無くなるその瞬間までクロスを待ち、その瞬間ストレートに100%うつす。

クロスはとりあえず頭だけ働かせて、基本はストレートを止めるようにイメージをしておく、といったところだろうか。書いててもよくわからないが、ポジション的にもラケット的にも思考的にも、ちょっとだけでもクロスはイメージしておかなければならない。そして、そのクロス返球のイメージからストレート100%にしてもいい瞬間は必ず来る。この瞬間が見極められれば、低いドライブどころか、低めのロブまでなら前衛が叩けるはずだ。

クロスの低い返球も構えていれば止められる。たぬ吉の前衛イメージはこんな感じだが、おそらくは選手によって感覚はバラバラだと思う。一つの方法としてお役に立てれば、、、と、思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ