選手の腕の長さ+ラケットの長さ

これを上手に使うことがショットの力であり、ヘアピンの精度でもある。


特にヘアピン時にこれをうまく使えない選手が多い。
肘を曲げ、ラケットを顔の目の前に持ってきてシャトルを捕らえている。これで正確なヘアピンは打てない。現にコントロールできていない。それだけシャトルに近づいているものだからセンターにも戻れない。

肘を適度に伸ばし、グリップを握りこまなければ相当の距離を稼ぐことができるのに。これで距離を稼げれば、小さい選手でも楽に次の羽が追えるのに。

そう思うと、もったいない。

距離感の練習は難しいが必須でもある。羽根を打つ練習ではなく、伸ばしきった腕とラケットで羽根を捕らえる練習を入れてもいいかもしれない。少しづつでも感覚を覚えなければ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ