右利きを前提に話を進めます。

ネット前やサイドショットで「右足を出して打って戻って」というフットワーク練習、基礎練習を行った事がおそらくあると思う。だが、これって本当にいいのだろうか。

右足を出す、ということは軸足の左足が動かずその左足を支点にして右足をシャトルの方向へ踏み出す。この動作、やってみればわかるように右肩の高さが大きく前後する。しかもバック側だと、体を回転させてさらに右腕を後方へ引いてからインパクトする必要がある。つまりは・・・・


間に合わない


そう、右足を出す動作だけでバック側へ踏み出すと、体が左足を軸に回るためその回転分が間に合わないのだ。左足を軸に回るような動作ではバック側のシャトルは振り遅れが多くなる。これを回避するための方法として、

・右肩といっしょに、直線的に右足を踏み込む
・左足を外へずらす

といった方法を使って、とにかく右肩を打点方向へ移動するスピードを上げるしかない。体の回転も左側を支点にする事によって遅れるので、ほぼ中央を支点にして回転することによって時間を削る。削った時間で羽根に対しての移動を行った方がショットも安定するはずだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

距離を出すフットワークにしても、今度は回転中に左足を使って体を移動させる事が必要となり、やはり右足のみを使うようなフットワークはほぼ無いと考えていいだろう。

基礎練習においても、それらを踏まえて左足にも集中させるように気をつけさせた方がいいかもしれない。右足を踏み込むために左足を上手に使う。これをどの段階でマスターできるかがショットの安定にもつながるだろう。