前回はクロスを待つ場合の状況を考えてみた。


今回はストレートを待つ場合を考えてみたのだが、パターンが思い浮かばない。

私の場合のはっきり言える事は、相手が少しでも待った時に、ぐっと止めた時にストレートに張るのだが、それは打つ寸前であって張っている、待っている訳ではない。
ストレートを待つとクロスが空き、そのスペースを後衛がフォローすることが難しいからだと思われる。

ということは、ストレートを張った時は勝負しなければならないし、ある程度の確信も必要だ。そんな訳でストレートのパターンは難しい。

一つ言えるのは、相手が不利な場合、つまり、シャトルを下で取った場合にはクロスに勝負する事が難しくなる。相手はストレートで勝負するか、大きくロブで逃げるパターンが増える。この時にストレートをメインに考えているように思う。

相手が打つ前のショットはある程度スピードがある必要がある。あまりにゆるいとクロスヘアピンのような感覚でネット前に返球されてしまう。そうならない為にも、高さ、スピードで相手が不利な状況が望ましい。

ストレートに張ってクロスへのリターンはエースを取られる場合が多い。ただ、クロスと違ってコースが限定される為、クロスよりも確実に決める事ができる。さらに、ストレートは抜かれても後衛がもう一度勝負できる。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

以上を踏まえてストレートへの読みに挑戦してみると、もしかしたらうまくいくかもしれない。