にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

前衛プレイヤーの心意気。

「前衛は早い者勝ち。早く入った奴のもの」

「意地でも前は空けない」

この二つが前衛プレイヤーになる為の考え方、かもしれない。
前にはいるタイミングはパートナーよりも必ず早く、ロブは上げずにとにかく攻める。これができれば前衛から下がる必要はない。



考え違いをしてはいけないのが、

・とにかく攻める

を、強い羽根を打つと読み替えてはいけない。攻めるとは、最悪相手に上げさせるショットであって、こちらが決めようとするショットではない。ハーフもあればヘアピンもある。ドライブも失速させつつプッシュで勝負する。相手のドライブはきっちり止めて相手のロブを待つ。

つまりは、パートナーだけでなく、3人の動きを把握してコントロールするイメージを持って前衛に入ってほしい。
このイメージさえ持てれば、前衛で怖いものは無いはずだ。