新しい「何か」を開発したい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

・ルールぎりぎりのサーブ方法

左手を動かしながらのサービスは現在研究中。ルール上問題があるのはラケットを持っている方の手だけであって、シャトルを持っている手はインパクトまで何をしていてもいい。というか規定が無い。
左手を移動させてインパクトを変えて変化を付けられれば面白いのではないかと。

左手の指先が負傷中ではあるが、いい方法を探究中。

・裏面カット

前々から単発ではやっているが、使いこなすにはいたらず。
リバースカットの方向へラケットを裏面を使ってカットする。スイングはそのまんまフォア側になり、リバースカットよりも読みにくい。だが、その分面の角度の調整が難しい。

・全力スピンヘアピン

全力のスイングでスピンをかける。多少ネットから低い打点だとしても、全力でスイングする為ロブと見間違えてくれる。スイング方向、カット角度共に難易度が高いが、これを実践レベルまで持っていくと、厳しいショットに対してもヘアピンのリターンが可能になる。ダブルスでの使用場面は少ないがシングルスでは効果大。

・カットドライブ

ダブルスで展開されるドライブ。その応酬時の一本にカットをかけてドライブを打つ。早い展開で面角度とスイングスピード、そしてシャトルの高さをコントロールしなければならず、練習よりも実戦投入への難易度がはるかに高い。カットドライブの高さコントロールは難しいものの、相手の手元へは早いので面角度はそんなに大きく付けなくてもいいはず。

・田児式クロスヘアピン

すくいあげるようなスイングで、早いタッチで持っていくクロスヘアピン。何度か成功はしているので難易度はそんなに高くはない。だが、実戦を考えると使用ポイントは限りなく少ない。このポイントを広げる技術練習が必要で、それに時間をかけなければならない。個人的には、ダブルスでの早いタッチで生きてくると思うのだが。。。




カット系が非常に多いが、今のところこれらに挑戦中。どれも実戦投入レベルではないが、いつか自己満足以上の成果があげられるようにしてみたい。