テンションが下がり気味で更新滞り申し訳ございません。
仕事で手いっぱいの為、なかなか平日厳しく休日も予定が。





ということで、簡単な思考を綴りたいと思います。

思考とは、いわゆる考え方や気持ちであって、例えば「前衛で何をしていいにほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
のかわからない」とか、「後衛をカバーして」とか、そういった大きな意味をなんとなく。



私にとってダブルスの前衛は、それこそ一番楽しく、興奮するポイントです。後衛をカバーするもよし、自分で決めるもよし、パートナーをこき使うもよし。どんな選択肢も思いのままなのがこのポジションです。だからこそ入ったら逃げ出したくない、居続ける為には、という思考から前衛での行動が生まれます。

この思考じゃない人がもしこのブログで真似しようとすると、もしかしたら無理があるのかもしれません。それほど前衛というポジションは選択肢に恵まれているのです。どんな選択肢でも正解と間違いが紙一重で、それはパートナーによっても相手選手によっても変わります。それを選択し続ける事、これがたまらなく気持ちがいいのです。高いレベルであっても、同じレベルでも低いレベルでも、そのプレーこそが自分をアピールできる場所なのです。

パートナーだけでなく、ゲームを支配しているようなこの感覚に酔っていたいが為に、たぬ吉はバドミントンにはまってしまって抜け出せないのかもしれません。

コート内全てを把握できてこそ、前衛が生きてくる、なんてところを目指して、まだまだ精進していきたいと思います。