言葉は人により違いが出るもので、正しいかどうかはわからない事を前もって補足しておく。



バドミントンの実力の差、もしくはこの「実力」というものに含めるべきなのかもしれないが、「気持ち」「精神状態」は大きく勝敗を左右する。これは、レベルが上がれば上がるほど、考え方や思考が勝敗に影響を与えやすくなるように思う。








バドミントンでは、おそらくではあるが、つらい事を繰り返さなければラリーを取る事はできない。
そこで「勝てる」という思考が生まれると、その「つらい事」ができなくなってくる。この「つらい事」とは、スマッシュの力の入れ具合であるとか、フットワークのスピード、その他全てに影響を与えていく。この「つらい事」の繰り返しが、レベルの近い試合ではラリーを取る手段になる。



このつらい事を繰り返せるかどうか、それが「勝つ」「勝ってやる」と思う事であり、結果を見てしまっては過程で勝負ができなくなってくる。試合にどれだけ集中できるかどうか、チームの為、個人の為、パートナーの為、いろいろとふまえた上でどれだけのモチベーションを持てるか、そういった勝負になってくる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


この精神力の差がどれほどの実力差を埋めるものかわからないが、少なくともこの気持ち次第で勝てる試合を落とす可能性もあれば、負ける試合で勝つ可能性も間違いなくある。そういった精神状態で大会に入る事ももちろん重要だし、普段の練習でどこまでそれを考えられるかも上達にはかかせないだろう。選手はもっと考える事があるし、指導者ももっと教え込まなければならない部分もある。技術以上に気持ちには答えはないかもしれないが、できることができない状態を作らないようにしてゲームに入れるといいのかもしれない。