バドミントンのラケットで、ガットは張れなくてもグリップはだいたい選手が巻く事が多いと思う。
そんな中、今の考え方では、


「できるだけ細い方が持ちかえ、切り替えしやすい」



という話が主流となっているが、果たしてどうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


実際、大学生以上、実業団選手も含め、ラケットの元のグリップを外し、木の部分からアンダーラップ等で調整しているのをよく見かける。使いやすいならそれでいいのだろう。


だが、それを真似する中高生はどうだろうか。私の考えでは、グリップを細くして使うには腕力、ラケットを振る為の筋力が細さに応じて必要だと思っている。つまりは、振る力が付いてきていない選手がグリップを細くすることで、ショットに力が乗らなくなる可能性があるのではないか。




かといって、太くしてギチギチに握っても、それはそれでスピード、取り回しともに上がらない。
本を読んでも書いてはいないが、グリップを操作できる範囲で、できるだけ太めにする、そういった考え方がでてきてもいいのではないだろうか。楽な力で羽根を打つためには、ある程度の太さが必要なのではないか。

個人的に試してみた結果、そう思う。もし皆さんの経験談もあれば、コメントなりツイートなり頂けたらと思います。